1. ホーム
  2. 驚きの安さ アズワン 2-4266-03 小動物用開創器LW210153 アルム【1本】 2426603

驚きの安さ アズワン 2-4266-03 小動物用開創器LW210153 アルム【1本】 2426603

3月19日に公開を迎え成田凌×清原果耶w主演の映画『まともじゃないのは君も一緒』の公開記念舞台挨拶が3月20日(土)都内劇場にて行われた。

本作の主演を務めるのは、成田凌と清原果耶の2人。
日常の中での人と人のコミュニケーションのすれ違いや距離感のズレ、不器用さを、毒気とコミカルさを交えて描いた、前田弘二監督と脚本・高田亮のタッグが手掛けるオリジナルストーリーだ。
成田凌演じる大野は、香住によって、色んなことを知るきっかけを掴み、初めて異性に好意を抱く。その一方、清原果耶演じる香住は「先生は普通以下。だから私の言うことを聞いて。」と、大野が何もしらないことをいいことに、 言いたい放題、やりたい放題。 「女の人と付き合えるようになる練習」と言って、ある女性に大野を接近させることで、 物語は、おかしな方向へ進んでいく。

この日の公開記念舞台挨拶に登壇したのは、成田凌、清原果耶、泉里香、前田弘二監督の総勢4名。

本作初の有観客での舞台挨拶は、 youtube での生配信でイベントの様子が配信された。

驚きの安さ アズワン 2-4266-03 小動物用開創器LW210153 アルム【1本】 2426603

本編を鑑賞したばかりの観客を前に
成田凌「久々に、観ていただいた方にありがとうございますと言う事が出来て凄く嬉しいです。無事公開されて僕の耳にも 感想が届いていて、色んな思いがある映画なのでやっと届ける事が出来て嬉しいです!」

清原果耶「昨日公開されて、今日見終わった皆様とお会いできるのは、ちょっと緊張しつつ、良い顔が見れたらいいなと思いながら今日この場に来ました」

泉里香「こんな素晴らしい作品に携わる事が出来て本当に嬉しく思います。こうやって公開の日を迎える事が出来て、凄く嬉しいです」

前田監督「早く観てほしいという気持ちでいたので、やっと公開出来て本当に嬉しいです。観て下さって幸せです!」

実際に演じてみての感想

成田凌「最初からいい感じでしたからね(笑)?」清原果耶「あ、でも……」
成田凌「そんなことない。でもって。ごめんなさい」
清原果耶「初めてお会いした日と変わらず(いい)感じでしたよね!」

成田凌の第一印象について

清原果耶「(成田凌さんは)おしゃれな人。ファッション誌など色んなところで拝見してましたけど、でもそんなに……。」

成田凌「おしゃれじゃなかった?」

成田演じる大野と泉が演じた美奈子が長回しで街を歩きながら心地よい会話を展開するシーン

泉里香「夜風がすごく気持ちいい日で・・・」

成田凌「風が強すぎたんだよね(笑)!」

清原演じる香住が puffy の「これが私の生きる道」をカラオケで熱唱するシーン

清原果耶「初めて完成した作品を観た時に、こんなに使うの?!と思って絶句するくらい長いなと本気で思いました(笑)。どうしてあんなに(尺を)使ったんですか?」

前田監督「香住がグイグイ歌ってるシーンを単純に見ていたいって思った」

成田凌「掴みどころのない香住がすごく愛おしく思える瞬間でもありますよね」

卒業や入学など新生活を迎えるシーズンということに絡めて、「今年はこんな事をやってみたい」こと

成田凌「格闘技。俺強くなりたいって思ったんですよ!キックボクシングなのか、何がいいのか今マネージャーと探しています。格闘技、やります。なのでお仕事ください。という気持ちです(笑)」

清原果耶「世間が落 ち着いたら旅行に行きたいとずっと去年から考えていて・・・。今どこに行こうか旅行サイトを毎日見て調べています。」

泉里香「野菜にハマっていて、今ちょっと家庭菜園を(本格的に)始めてみたいです。」

前田監督「お酒をいっぱい飲んで 騒ぎたい!(コロナウイルスの感染)状況が早くよくなって、みんなでわいわいしたいです」

最後に主演の成田と清原から挨拶

清原果耶「色々な葛藤を抱えながら、やっと皆さんにお披露目できました。愛がたくさんつまっている作品なので、ぜひ色んな方に勧めていただけたらいいなと思います。普通ってなんだろうって大きな議題ですけど、普通って言葉に囚われすぎずに自分らしく自分の人生を楽しんで過ごしてもらえたらいいなと思います」

成田凌「普通って言葉が沢山出てきますが、一つも同じ意味で使われてないのかなって。この映画を見てもらえたら自分のままでもいいんだなと思えると思います。新生活が始まって、沢山の人と出会うと思いますが、自分や大切な人を信じて元気に生きていってほしいです。今日は本当にありがとうございます」

story

外見は良いが、数学一筋で〈コミュニケーション能力ゼロ〉の予備校講師・大野。彼は普通の結婚を夢見るが、普通がなんだかわからない。 その前に現れたのが、自分は恋愛上級者と思い込む、実は〈恋愛経験ゼロ〉の香住。全く気が合わない二人だったが、共通点はどちらも恋愛力ゼロで、どこか普通じゃない、というところ。そして香住は普通の恋愛に憧れる大野に「もうちょっと普通に会話できたらモテるよ」と、あれやこれやと恋愛指南をすることに。 香住の思いつきのアドバイスを、大野は信じて行動する。香住はその姿に、ある作戦を思いつく。大野を利用して、憧れの存在である宮本の婚約者・美奈子にアプローチさせ、破局させようというのだ。絶対にうまくいくはずがないと思っていたが、予想に反して、少しずつ成長し普通の会話ができるようになっていく大野の姿に、不思議な感情を抱く香住。ある時、マイペースにことを進める大野と衝突した香住は「もうやめよう」と言い出す。すると大野は「今変わらないと、一生変われない。僕には君が必要なんだ!」と 香住に素直な気持ちを伝える。初めて誰かに必要とされた香住は、そんな大野の言葉に驚き、何か心に響くものがあり、初めての感情に「これって何!?」と悩み始める。二人の心がかすかに揺らぎ始めた時、事態は思わぬ方向へと動き出す。二人が見つけた《普通》の答えとは?

映画『まともじゃないのは君も一緒』

大ヒット公開中

■出演:成田凌 清原果耶 小泉孝太郎 泉里香
■監督:前田弘二(『婚前特急』 『わたしのハワイの歩きかた』)
■脚本:高田亮(『婚前特急』 『そこのみにて光輝く』)
■主題歌:the charm park 「君と僕のうた」 ■音楽:関口シンゴ
■プロデューサー:小池賢太郎(『キセキ ーあの日のソビトー』 『愛唄 ー約束のナクヒトー』)
根岸洋之(『リンダ リンダ リンダ』 『さよならくちびる』)
■配給:エイベックス・ピクチャーズ
■製作:「まともじゃないのは君も一緒」製作委員会
■共同幹事:エイベックス・ピクチャーズ ハピネット
■企画製作プロダクション:ジョーカーフィルムズ マッチポイント
■公式サイト:matokimi.jp
©2020「まともじゃないのは君も一緒」製作委員会

this article is a sponsored article by
''.